アレルギー科・小児アレルギー科

最終的には「脱ステロイド」をめざした治療に

アレルギーの代表的疾患である 「アトピー性皮膚炎」「喘息」「じんま疹」を中心に診療、「原因不明の皮膚疾患」も診察しております。
また、当院では、漢方薬を主体に生活改善を含めた治療を行っております。
原則抗アレルギー薬・ステロイド剤は使用しない方針ですが、既に使用されている方、ご希望の方には処方しています。
最終的には「脱ステロイド」を目指し、患者さんの身体が健康になることで、アレルギー症状がでなくなるための治療を進めていきます。


症例

アトピー性皮膚炎、花粉症、その他アレルギー性疾患

患者さんの声

長年のステロイドの使用に疑問を持ち、脱ステロイドをしてくれる病院を探していましたがなかなか無く、やっと出会えてうれしいです。(男性)

喜ばしいことに、ほとんどの患者様が治癒(お薬を必要としない状態)もしくは寛解(お薬を使いながらも落ち着いた状態)に至ります。
これも、患者様おひとりお一人の治す力と努力の賜物です。
医師でありながらこんなことを言うのも変なのですが、患者様の治っていかれる様子に驚かされる毎日です。
また、難治性の方の中には心理的要因が深く関わっている場合もありますのでメンタルケアも含めた診療をさせていただいております。