認知療法・認知行動療法

物事の感じ方や、現実の受け止めかたを「認知」といいますが、「認知」に働きかけて、
ストレスを軽くしていく治療法を「認知療法・認知行動療法」といいます。

その中でも、瞬間的に思い浮かぶイメージを「自動思考」といいますが、
「自動思考」により、反射的な行動が起こります。

● 頭に浮かんだ考えやイメージに注目して、バランスの良い考え方に変える。

ストレスや反射的な拒否反応に対して、考え方を変える指導をさせていただくことで、
ストレスを軽くしたり、行けなかった場所にいけるようになったりすることを目指します。

▪️認知行動療法

  • 道端に犬がいる
  • 怖い!【自動思考】
    その理由は過去に噛まれたことがあるから

  • でも、横を通るだけなら怖くないのですよと、新たな考えを指導する

  • 「犬は怖くない」に、考えが変わる

こんな方に・・・・

● 心と体のバランスが取れない
● うつの症状がある
● 学校や職場に行きたいけれども、行くことができない など