「栗が丘クリニックの治療方針とは?」

栗が丘クリニックでは、日本補完代替医療学会及び一般社団法人日本統合医療学会の考え方をもとに、すべての人々の健康の向上及び維持増進を図り、そのために考えうるあらゆる方法論を利用してこれを達成することを目的としています。 (もう少し、簡単にご説明させていただきますと・・・)

一言で表しますと、「こころとからだのよろず相談所」です。

人は、「こころ」と「からだ」と「魂(考え方)」で出来ています。
ですから、これらすべてが正常にかつ安定的に機能することが大切です。

しかし、人は「生活習慣の乱れ」によってこれらの安定を崩し、機能に異常をきたして病気になります。そこで医療が必要となる訳なのですが、ご存じのとおり、日本国における医療費の増大は、もはや国家破たんを招くほどまでに増大しています。
一向に病気で苦しんでいる人が減らないということは、既存の医療ではもはや限界である」ということを示していると言えるでしょう。

また他方、「はたして、病気になる前にできることはないのだろうか?」ということも考えられると思います。もし、これが実現できた暁には、これら医療費が大幅に削減できると思うのです。
否、これこそが、医療が本来受け持たねばならない本当の方向性であると私たちは考えています。
これらのことを鑑みたときに、私たちは「漢方という考え方」を治療の中心軸に置くことを決めたのでした。

「漢方」の考え方の中心は、「未病のケア」です。
これは、「病状が重くなる前(=何らかの不調のサインが出たとき)」にその原因を見極め、対処することができるということです。
つまり、症状が重くなる前に対処できるのですから、痛みや苦しみを体感するのがより軽い段階で済むということと、治療期間や医療費が削減できる可能性が高いということにつながるのです。

そして、「漢方」の魅力的な点は「自己治癒力の強化」と「恒常性(ホメオスタシス)の向上」に関与することができるという点にあります。私たちのからだは、「自己治癒力」と「恒常性」が大きく関与し、それぞれの機能とバランスが乱れることによって病気にかかりやすくなることがわかってきています。

「自己治癒力」は、「免疫力」に関係しています。
ですから、この機能を維持向上・強化させることは、私たちが「病気にかからないため」には外せない、ケアすべき必須の事項と言えるのです。
また、ほとんどの病気の原因が「自己治癒力の低下」と「免疫力の低下」または「気」「血」「水」の流れの不調等々にあることから、漢方薬やその他の方法を用いてこれらの不調を取り除く方向での治療もしくは代替的サポートにより、心身のより早い回復を図るという方法を取っています。

さて、漢方薬の作用についてですが、病気の原因そのものをどうこうするものではありません。
ときに、諸症状の緩和のお手伝いをすることはあります。
漢方薬は、「自己治癒力の向上」と「免疫力の向上」を促すことによって、病気から回復させるお手伝いをしているにすぎないのです。
つまり、「あなたのからだの中にある『自己治癒力』が主役である」ということなのです。
これなくして、病気からの回復はあり得ないのです。

「代替医療として、どんなことを取り入れているのか?」

基本的な考え方
人が病気になる基本的な原因は、元新潟大学大学院教授安保徹先生の書かれた著書「人が病気になるたった2つの原因」にもありますとおり、「冷え」と「ストレス」であると考えています。
ですから、まず病気の最大の原因である「冷え」と「ストレス」への対応が必須ということになります。
もちろん、これだけでは対応できないものもありますので、それはそれとして対応して行く方法もご用意しております。

「基本的な対処すべき点について」


詳細につきましては、それぞれの項目でお話しさせていただきますが、基本的な対処すべき点と その対応方法について次ページに図示しておきます。

また、栗が丘クリニックの考え方やさまざまなトピック、イベント情報などを「ナガブロ」というブログサイトに投稿しておりますので、ぜひそちらもご覧いただければと思います。

    目次
  1. 治療方針
  2. 冷え対策
  3. アレルギー性疾患
  4. うつ&産後うつ
  5. 骨格のゆがみから来る痛みの解消
  6. めまい 頭痛 しびれ
  7. 痛みの解消
  8. ストレス対策
  9. カウンセリング コーチング メンタルセラピー
  10. ED(男性機能障害)
  11. 不妊&PMS(生理前症候群)
  12. かぜ&インフルエンザ
  13. 突発性難聴

症状別診断一覧