「ED」(男性機能障害)対策

EDの原因とは?

近年、男性の「ED」が注目されて来ています。
「ED」の原因は、「ストレス」です。いつの時代もストレスはありますが、この10年以上のそれは比較にならないものであると思います。
ですから、密かにお悩みの方も多いことと思います。
一番は、「精神的ストレス」ですが、「栄養的ストレス」という側面もあります。
原因はさまざまですから、たった一つの対応では意味がありません。
漢方薬の選定にも大変重要な情報となりますので、「ED」でお悩みの方は受診の際に恥ずかしがらずにしっかりとそのこともお話しください。

対処方法1:「漢方薬」

「気」「血」「水」の流れを良くしていただくために、漢方薬を利用します。
「ストレス過多」は「腎系」を痛めます。そうなると眠りが浅くなったり、モノゴトに集中できなくなったり、気力が湧いてこなくなったりしますから、まずは腎系を助けてあげる漢方薬で対処します。

対処方法2:「ブレインセラピー」

「ストレスを解消したい!」とどんなに頑張ってみても、脳はそれ自体ではストレスを手放す手段を知りません。
ですから、脳がリラックスできる状態を、ある意味強制的に作って脳を刺激してあげる方法です。定期的にブレインセラピーを受けていただくことをおススメします。

対処方法3:「音響療法」

ニュースキャンという「音でセラピーをする器械」を使って、脳や神経系、内臓、陰部周辺等を癒します。
ヘッドホンを付けるだけなので、痛みや苦痛は一切ありません。むしろ、余りの心地よさに眠ってしまうかもしれません。

対処方法4:「コミュニケーション・カウンセリング」

「ED」は、職場のストレスも関係ありますが、ご結婚されている方の場合には、その一番の原因が奥様とのコミュニケーションのすれ違いからくる場合がほとんどです。この「コミュニケーション・ギャップ」の解消には、カウンセリングや「パーソナル診断」をお役立てください。可能であればご夫婦双方へのカウンセリングをさせていただくことが、問題解決のためには望ましいです。

対処方法5:「栄養療法」

私たちのからだは、ストレスを受けると血液が酸性に傾きやすくなります。すると、血液内のミネラルバランスが崩れて、代謝に影響を及ぼし、最後には「脳の栄養不足」を招いてますます眠れなくなったり、意欲が持てなくなったりと、その諸症状が加速します。
こうならないためにも、「脳の栄養不足」の解消が必要なのです。また、男性機能の維持には亜鉛も必要ですね。
そのためにも、適切なバランスを保った「脳の栄養」ほかを食事やサプリメント等によって補います。

対処方法:6「整体」

EDには、そけい部の血流回復をするマッサージが有効です。
そけい部の狭いところを血管やリンパ管が通っていますので、ここをマッサージしてあげることは、血流やリンパの流れを改善してあげるのに最適です。
いわゆる「コマネチライン」にそって、両手でグリグリマッサージしてあげてください。
 この際、ひざ裏のリンパもマッサージしてあげるとより効果的です。