めまい・頭痛・しびれの対策

めまい

「めまい」というと、すぐにメニエール症候群を思い浮かべる方が多いかと思いますが、めまいの多くは「気」「血」「水」の流れの滞りである場合が多いです。
よくあるケースでは、三半規管の周りの血液やリンパの流れに支障をきたしている場合が多いようです。
こういう症状をお持ちの方は大抵、首・肩こりがひどかったりします。もちろん、ご本人が自覚されていない場合が多いです。
もちろん、それ以外の原因による「めまい」もありますから、自己判断せずに必ず受診してください。

頭痛

また、頭痛に関しても同じで、首や肩を触ると大抵、凝っている事が多いです。
ですから、こうした諸症状をお持ちの方はまず、首・肩こりを解消していただくことを一番優先していただきたいです。
それでもなお、その諸症状が続くようであれば、違った原因を探るという段階を踏んで行きます。
こうした症状が出た場合、脳の病気をご心配される方は多いでしょうが、院長は神経内科専門医 ですので安心して受診してください。(神経内科は脳と神経、筋肉の連携の障害を見る専門医です)

しびれ

「しびれ」は、どこの部位がしびれているかによっても、緊急性が違います。
「おかしいな?」と感じたら、自己判断せずに必ず受診してください。

「ろれつが回らない」
「顔や手足の片方だけ、まひが見られる」

ような場合には、脳血管障害の疑いがありますので、すぐに救急車を呼んで総合病院に向かってください。

対象方法1:「漢方薬」

まずは、漢方薬によって「気」「血」「水」の流れを整えましょう。心理的緊張が激しい方には、そういった症状を改善するものが処方されます。
また、冷えがある方が多いので、からだを温めるものが処方されます。

対処方法2:「リンパ整体」「回復整体」「運動療法エゴスキュー」

首・肩こりの解消を目指すために欠かせません。
ここの血流やリンパの流れが回復すると、意外に痛みが取れる方が多いです。物理的(重いものを持つ等)によって筋肉が硬くなる傾向の方には、「リンパ整体」がおススメです。心理的に緊張しやすいために筋肉が硬くなる傾向の方には、「回復整体」がおススメです。
これら諸症状を改善するために、自分で体操していただく「運動療法エゴスキュー」もおススメです。

対処方法3:「ブレインセラピー」

ブレインセラピーは、首・肩こりにもおススメです。
特に、目の疲れから来る首・肩こりにもぜひ、試していただきたいです。
電気の刺激が心地よく、心身ともにリラックスします。

対処方法4:「音響セラピー ニュースキャンSW-2」

三半規管やリンパ管、動脈や静脈、眼球や視神経、筋肉や骨格、神経等々を選択し、セラピーしていただきます。
ニュースキャンは、エネルギーをかけたいところを選択してそこだけかけることができます。