「突発性難聴」対策

突発性難聴と診断されても、3週間以内なら対策が可能です

突発性難聴は一般には原因不明とされ、耳鼻科に行ってもお薬をもらって経過観察だけで終わってしまうことが多いようです。
漢方の見方で見たら、これはれっきとした「腎系の弱り」。とうことは、「やれることが、まだまだたくさんある」ということにつながるのです。
ただし、タイムリミットは3週間ということですから、経過観察などしている時間はありません。

また、「突発性難聴」になりやすい季節や体質、生活習慣があります。また、特に春先と秋口の疲労に注意が必要です。
春は「肝系」の影響で、秋口は「夏バテ」による疲労困憊(ひろうこんぱい)が引き金になるようです。

対処方法1:「漢方薬」

突発性難聴は「腎系の弱り」ということですので、「腎系を整える漢方薬」の処方があります。
まずは、弱った「腎系」を助けてあげてください。

対処方法2:「岩盤浴」

やはり、からだの冷えがある方が多いようです。 「冷えは万病のもと」ですから、岩盤浴などに入っていただいてからだを芯から暖めることが大切です。

対処方法3:「休息」

漢方で「腎」と言えば、「生命力」そのものの意味合いがあります。
薪ストーブに例えたならば、ストーブの中にある「火種」に相当するとイメージしていただけたら良いでしょうか? これが小さくなってしまうと、絶対に薪に火がつきません。つまり、生命力そのものが脅かされている状態そのものと言えるでしょう。
とにかく、「突発性難聴」になった方は、「精も根も尽き果てた」状態=腎虚(じんきょ)になっていますから、漢方薬を飲んでしばらく安静にしている事が大切です。

対処方法4:「音響セラピー」

音響セラピーの器械ニュースキャンにより、腎系と耳に関連するところに音のエネルギーでセラピーをします。

対処方法5:「リンパ整体」

リンパ整体で、首・肩こりを解消し、かつリンパの流れを整えましょう。耳の不調は、リンパが溜まることによって.聞こえの悪さを引き起こす可能性があります。耳の後ろにあるツボを刺激してあげることでリンパを流し、これらの問題を解決する一助となる場合があります。

対症方法6:「ブレインセラピー」

脳内ホルモン活性のところでセラピーをします。
また、ストレスがかかっている事も大いに考えれれますので、「ブレインセラピー」でできるだけストレスを発散していただくことが大切です。

対処方法7:「栄養療法」

突発性難聴になる方は、とにかく「腎系の栄養素が足りない」のですから、これを緊急に補ってあげることが必要です。
一生に関わる問題ですし、手当のリミットは3週間ということから、集中的にしっかりと腎系のサプリメントで栄養補給をしてあげてください。

インフォメーション

  1. やる気が出ない 不安でいっぱい・・・ 眠れない・・・ …
  2. 実は、あまり知られていない痛みの解消法があるんです! …