不妊&PMS(生理前症候群)対策

不妊には、まず冷えの解消から

不妊に悩むご夫婦は意外に多いものです。
さまざまな要因が考えれれますが、まずは母体を健全にすることが大切です。
その第一歩が「冷え対策」です。
「冷え」を軽視する風潮がありますが、「冷えは万病のもと」であり、諸悪の根源です。
まずは、その「冷え」を解消することが大切です。
また、不妊は女性だけの問題ではありません。
男性も、その食生活によって精子に異常をきたす場合もあるというお話もあります。
不妊対策は、ご夫婦で取り組む必要があると言えるでしょう。


生理前症候群にも冷えの解消が必須!

PMS(生理前症候群)も、女性の大敵です。
本来、健康であればPMSのような強い諸症状は出にくいものであると考えられます。
やはり、まず解消していただきたいのは「冷え」です。
とにかく体調不良の方は、「冷えている」ことが多いです。

対処方法1:「漢方薬」

「気」「血」「水」の流れを整えて、まずは巡りの良いからだにしましょう!
 からだを温める作用を持つのものありますので、診察・相談を経て処方いたします。

対処方法2:「岩盤浴」

からだの中心、特に子宮を温めることは大切なことです。
からだの芯まで温めることができる「岩盤浴」装置で、からだを温めてください。漢方薬を併用し、体質が変わるまで定期的にご利用いただくと良いでしょう。

対処方法3:「栄養療法」

栄養療法で、からだに必要な成分をきちんと補ってあげてください。栄養が足りないから、燃えるものが燃えずに「冷え」てしまうのです。また、女性は生理の関係で、ひと月の間に劇的にホルモンのバランスが崩れます。それを補うためにも栄養療法をおススメしています。

対処方法4:「音響療法」

男性も女性も、ニュースキャンという「音でセラピーをする器械」を使って、脳や神経系、内臓等を癒し、音のエネルギーを与えます。 そのほかには、クリスタルボウルの音を聴いていただくとか、周波数音楽を聴いていただくなどの方法もあります。 お一人おひとりに合せた専用のCD制作も承ります。

対処方法5:「ララムーン」

正式名称は、「軽度失禁製品」となっていますが、日ごろから使用していただくことによって体調管理がしやすくなる方が多いようです。
その日の体調によって3種類の中からお選びください。
栗が丘クリニックでも取り扱っています。