「ストレス対策」

「冷え」と「ストレス」が病気の原因

元新潟大学大学院教授で免疫学の対価である安保徹先生の著書「人が病気になるたった2つの原因」には、「冷え」と「ストレス」が病気の原因であることが、そのメカニズムと共に詳しく解説されています。
「ストレス」と一口に行ってもその内容及び対応策は多岐にわたるはずなのですが依然、「クスリ」に頼る方法ばかりが目立っています。

栗が丘クリニックでは、これら「ストレス」に対して独自の視点からその対応策を日夜、追い求め続けています。

対処方法1:「リンパ整体」「回復整体」

まずは、ストレスによって固くなってしまった筋肉をほぐしましょう。
「気」「血」「水」の滞りを解消することは、基本です。
特に「回復整体」は、「脳と筋肉の反射」を使った療法ですので、気持ちの面からの緊張に対して それを解きほぐすのにたいへん有効だと考えています

対処方法2:「干渉波」

電気的な干渉によって作られた干渉波は筋肉の奥深くまで到達し、凝り固まった筋肉を和らげ、「血流」や「リンパの流れ」の回復に有効です。

対象方法3:「岩盤浴」

緊張している方は、からだも冷えていることが多いもの。
特殊な周波数の熱を使用することによって、からだの芯から暖めることができます。
岩盤浴を定期的に繰り返すことにより、冷え体質を改善することが可能です。
この際、特別なミネラルを摂っていただくとより一層、からだが温まりやすくなります。
もちろん、温泉なども上手に使って冷え対策をしてください。

対処方法4:「ブレインセラピー」

電気的なエネルギーにより、リラックスした時に出る脳波「アルファー波」や「シータ波」を合成して脳に与えることができます。
「リラックスをしよう!」とどんなに頑張ってみても、脳はリラックスすることなど到底できません。
ですからある意味、強制的にこれらの脳波を作って脳を刺激してあげることが必要なのです。

対処方法5:「音響療法」

ニュースキャンという「音でセラピーをする器械」を使って、脳や神経系、内臓等を癒します。
また、男性の「ED」に対しても、関連する部分を選択し、音のエネルギーを注入します。
そのほかには、クリスタルボウルの音を聴いていただくとか、周波数音楽を聴いていただくなどの方法もあります。
あなた専用の「より深い睡眠がとれるCD」ほかの制作も承ります。

対処方法6:「カウンセリング」

「なんだか最近、ストレスが・・・」と感じてきたら、「カウンセリング」を受けることも大切です。
早めにカウンセリングを受けていただくことをおススメいたします。
当クリニックでは、「パーソナル診断」という方法でストレスの原因とその対処方法を探るお手伝いもしています。

対処方法7:「栄養療法」

「脳の栄養不足」は無意識下ではありますが、「脳」に過大なストレスを与えます。
毎日の食事でそれらが必要かつ十分な量を摂ることができれば問題ないのですが、今の食環境ではどうもそれがうまくいかなくなって来ているようです。 ですので、「栄養療法」として「ストレス対策に有効なサプリメント」を使用するということも大切だと考えれれます。実際に、有効なサプリメントを摂るようになって不具合が改善されたという例はたくさんあります。

インフォメーション

  1. やる気が出ない 不安でいっぱい・・・ 眠れない・・・ …
  2. 実は、あまり知られていない痛みの解消法があるんです! …